ペットとの引越しの奥義とは?

急な引越しが決まった場合、ペットと一緒に生活していれば、まずは引越し先の物件探しが最優先になるかもしれません。
動物OKな住まいは、思いのほか少ないのが原状です。
分譲マンションや一戸建ての場合でも、大型犬の場合は近隣への配慮も必要ですし、引越し先で気持ちよく生活していくためには、ペットにストレスがかからないような物件を選ぶことが大切です。

ペット可能な物件探し

ペットは人間のように自分で住まいを選ぶことができない分、飼い主が責任をもってペットの気持ちに寄り添い、引越し先を選ぶことが重要です。
同じ犬でも犬種によって心地よい場所は違いますし、犬の場合は特に近隣に散歩できるような場所があるかどうかもポイントです。
また何かあったときは、人間と同じように病院があった方が安心ですので、動物病院が近隣にあるかどうか、また病院送迎方法やサービス、利用料金なども事前に調べておくと良いでしょう。
引越は動物も同様にストレスがかかるものですので、病気になってしまう可能性もありますし、自分が不測の事態で面倒を見られなくなった場合など、預かってもらえる専門の先があるかどうかなども引越で新居をみつける条件として配慮しておきましょう。

引越し当日は預かってもらうほうがいい。

引越し日の荷物の運搬時などは、動物は敏感に反応して、いったいなのごとかと落ち着かなくなりますので、できれば環境の変化でストレス過多にならないよう、家族や専門ショップに預けた方がいいです。
また移動先が長距離で一緒に移動できないときは、できるだけ目的地に早くつけるような輸送方法で動物輸送をおこなっている専門業者を探しましょう。
動物輸送は空港便やトラック便など輸送手段によって待機料金や輸送金額などに差があります。
また輸送距離や、できるだけ動物に負担がかからないようにケアをしながら輸送するなど、ペットへの移動時の扱いやサービスなど輸送方法によっても料金に差があります。
輸送業者で一度料金表を確認し、見積もりを出してもらうことで、安心してペットと一緒に引越しをしましょう。
輸送業者に見積もり依頼をするときは、ペットの種類や大きさなどを伝えます。
ペットが心の準備ができるように事前にしっかりと準備しておきましょう。

不安なのでしっかり安定するまでは見てあげる。

新居では、ペットの健康状態をいつもより注意してみるようにしましょう。
人間と同じく引越しによる環境の変化はおもいのほか、心身ともに疲労がたまるものです。
小型犬や大型犬の場合は散歩をするなど、ペットが環境の変化に対応しつつストレス発散ができるようにしてあげましょう。
散歩をしながら自分も体を動かすことで同じようにストレス解消ができるのではないでしょうか。

家族の一員であるペットと一緒の引越しをスムーズに進めるためには、できるだけ手続きを早めに進めていきましょう。
住みやすい物件探しにはじまり、移動手段や預け先、散歩ルートなど事前に確認しておくことで、早く慣れて飼い主との信頼関係にもつながっていきますね。
見知らぬ土地で一人暮らしの場合は、ペットが何より心強いパートナーになるのではないでしょうか。
ペットともに心地よい新生活がスタートできるといいですね。
またペットがいることも新居の挨拶では、お伝えして近隣の人が安心して生活できるように心掛けるようにしましょう。
犬が嫌い、猫が嫌い、動物が嫌いという人もいます。
近隣への配慮もしつつ、ペットを愛する飼い主として、さまざまな人に配慮することが、日常生活を滞りなくすることにもつながります。
荷物の荷ほどきを終えて、動物と仲良く暮らす楽しみを想像しつつ、満足のいく引越しの計画を立ててみてください。